fuzzy☮shaberiba 2007年06月
  • スコアブック「グループ・サウンド・リバイバルヒット集」(日音) グループ・サウンド・リバイバルヒット集(日音)の表紙
  • タイガース便箋
    タイガース便箋
  • 1969浅草国際タイガースショーのちらし
    浅草国際座 ザ・タイガースショーのちらし


  • 「嘆き/はだしで」のジャケ写のモノクロバージョンですよね よくよく見れば「嘆き/はだしで」のジャケ写のモノクロバージョン

  • 嗚呼 嗚呼
    これはもうほとんどタイガース
  • オンステージ
    ファーストアルバム ON STAGEに収められているショット 

オールマン・ブラザース・バンド

Category : J雑記♪

オールマンブラザーバンド

なぜにこのバンドに興味が出たかといいますとtomiさんのブログで知ったのでした。

 柴山さんが好んでカバーしていたそうです。 

サザンロックの生みの親だそうですが、なんとデビューはTGと一緒です^^

渋い・・・・っす。
 

   ジュリーな毎日 | 200611それにしても、柴山和彦氏、当時お幾つだったんでしょうか。 ... オールマン・ブラザース・バンドの曲を好んで取り上げていた為に、一部には「オールマンのコピーに過ぎない」という結論に飛びついた人々もいるようだ。 ... ariga-to-ne.jugem.jp/?month=200611 -キャッシュ
« 「ジュリエット」の情報求む!  

web拍手 by FC2
Posted by かの on 25.2007   0 comments   0 trackback

マイブーム ユカリさん

Category : 雑記(未分類)

きっかけはトリちゃんの日記の『アルバムHELLO』なのです。
・・と言うと、「HELLOにユカリさんは参加してないでしょ」と思われますよね(笑)
そーなんです。。話の流れでユカリさんに注目しちゃった私なのです。
暫しお付き合いくださいね(笑)

先ず、ご好意によりきっかけとなったトリちゃんの日記をご紹介。

トリちゃんの日記
アルバム『 HELLO』♥♥♥ ・゚:*:゚」
2007年08月26日00:02

好きなんです。

次のアルバムからセルフプロデュースになるのですよね。。

ワタクシ、このツアーに参加しておりません(><)

映像も何故かないですね。
ホントハアルノ・・・?

何故好きかというと、、、
?声・・・甘さと軽やかさとほろ苦さと伸びの良さとベストMIXexclamation ×2

?しょうもない身勝手な男がいっぱい出てきて、
この歌い手じゃなかったら「なに、すっとぼけたこといってんのよぉ、
聞いてらんないわよーむかっ(怒り)」みたいな歌詞を、
へーきな顔して(顔、見えないけどあせあせ)歌っているところ。

?身勝手で意気がって強がってるんだけど、自虐的でもある。
ムードイケナイオトコk。゚+.oのその甘ったるさに抵抗できないわーい(嬉しい顔)

?そーゆー意味では、るんるん勝手にしやがれ、の延長線上にあるが、
『HELLO』のほうがオトナ度が高い。18禁か?という歌詞アリ。
(ご本人作詞のアレあっかんべーとか、他にも)

全曲、作詞は男性ですね(笑)

いかにも男性が、
「こういうシチュエーションだったら、かっこいいよなぁ。。」
という願望を込めた詞を歌い手に託したような感じです。

そんな中で、ご本人作詞のものは少々色合いが違うかな?

今年のツアーでは、
るんるんYOKOHAMA BAY BLUES、が歌われていますが、
何故今この曲なんだろう???

ステージで歌う歌=今、歌いたい歌、と解釈しているのですが、ワタクシ。。

ナニに「さよなら」言ってきたんダロネ。
何に別れを告げて、どこへ行くシチューエーションで歌っているのかなぁ。

詮索はしないけれど、ちょっと気になるの(笑)

今度このアルバムから選曲する時は、
是非るんるんShangri-la、をお願いしたいです。
片方の耳もひだりの耳もどういうことになるかわかったもんじゃありませんが、
一向に構いません* ̄0 ̄)ノ

かの
HELLOのとしは「zuzusongs」が発売されたら・・かな。

HELLOの時は、
ベースが富倉泰男さんで(zuzuもですが)よかったです???^^
(どういったらいいんだろう・・弦が喋る感じ@@?;)
CDでは聞き流してしまう「ダーツ」が最高によかった!

>♪YOKOHAMA BAY BLUES、が歌われていますが、
何故今この曲なんだろう???

おー、深く考えていませんでしたが、
ちょっとかんがえちゃいました・・・・・。
もしや、来年は還暦コンサートだし、
その「還暦」をターニングポイントにライブは毎年はやらない・・とか^^;
でしょうか、
こりゃ大変だ
(;∂。∂A アセ←クチは災いの元ですから
言わぬが肝心ですが・・。。。。。。。 )

トリちゃん

>かのさん
ありがとうございます。

>>弦が喋る感じ@@?;
おおぉ?!!
ウチの指揮者のセンセイみたいなことをおっしゃる。。

♪ダーツ、以前は聴き流していたのですが
良く聴くとライヴ映えしそうだなぁと思います。

>♪YOKOHAMA BAY BLUES、
ひぇーーーーexclamation ×2
そーゆー解釈が?
うわっ・・・明日からしばらく山ごもりしてよぉーっく考えてきますあせあせ(飛び散る汗)



かの>ライヴ映えしそうだなぁと思います。

そうそう、まさにそれ!
それぞれの歌詞列の冒頭がコーラス
(ユニゾン?)になってるでしょ☆

そこをJulieも歌うのですが、
バッキンングがノリノリで大きな声が出たので、
Julieがそのパートは任せ、
「掛け合い」になったのでした?☆(♥o♥)/~
で、おまけに、ノリノリで歌詞が吹っ飛ぶんですが(笑)
そこのとこをポンタさんはドラムでみごとに「♪」をタタキ出シ
富倉さんとハモッ??
?のです^^←ここ凄かった!!
(うん、ドラムも喋る+歌う・・なのね^^)
それをJulieはシャウトで受け・・、
ラストの繰り返しの歌いだしを早くするしの大サービス
(?サービスというより乗りのお返しのような)。
忘れられない1曲となりました^^

阪神淡路大震災の年でもあり
関西地区は中止にしようかと考えたりもしたんだそうで、
ビデオも自粛の向きもあったかもですが、
「歌うことしか出来ませんが・・・」
というような深みのあるMCも印象深いです。

山篭りですか?☆いいなぁ!!!!
(仙人のイラエはどうでるかな?)
こちらはマダマダアツイですっーー;
車庫の前に敷いているカラーブロックの
目地のコケが枯れていました

トリちゃん
>かのさん
ログインできました、(笑)
そうですか。。
「歌うことしかできませんが…」と、、、。
うん、うん。。貴重なお話、ありがとうです。

聞けば聞くほど、羨ましい光景ですのぉ。。

ポンタさんのドラムの「♪」ねぇ。
私、GRACEさんももちろん好きですよ。

ただ「♪」に関しては、ポンタさんやユカリさんの、
背筋から叩き出すリズムが好きです。
腕で叩いてないなぁっていうあの音。

「アウフタクト」という用語がありまして
(めんどくさくなかったら検索してみて下され^^;)、
小節線をまたぐ際の、前の小節の最後の裏拍のことです。         

ドラムスの人がよく、
「♪♪♪」と三連符(♪麗人、のどアタマとか)、
「♪♪♪♪♪」と五連符を刻むでしょ?

あの時の音が[開いて]いない、固くしまった音。
アレは「喋ってるなぁ。」と思います          



かの
は?い。検索してきました!

メロディーが、その曲の最初の小節よりも前から始まる曲の事。
日本語では弱起( じゃっき )と呼ばれる。

ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」冒頭の「ッガガガ ガーン」の、
「ッガ」の「ガ」のタイミングはアウフタクトである(「ガーン」の「ガ」が1拍目)。
ちなみに、このような曲の始まり方を弱起という。

もうひとつ
強起と弱起(アウフタクト)
フレーズの始まりと終わりを見つける重要なヒントが
その曲が第1拍目で始まっているか、否かです。
第1拍目で始まっているのを強起、
第1拍目以外で始まっているものを弱起(アウフタクト)の曲といいます。
中学校の音楽の授業で4拍子は「強・弱・中強・弱」、
3拍子は「強・弱・弱」と習った記憶がある方もいるでしょう。
1拍目は「強拍」で、そこから始まる曲を「強起」の曲、
それ以外は弱拍から始まるので「弱起」の曲と呼ぶのです。
ここで勘違いしてほしくないのは、
この上の「強、弱」というのは「音量や大小やアクセントの有無」ではない、
ということです。
私はこれを「誤訳」であると考えています。
基本的に、「強拍」という概念も無視していいと思います。
1拍目を「アクセントをつけて強く弾け!」と
指導している音楽教師もまだ多いかもしれませんが、
それは「強拍」という日本語から受けたイメージに由来するものであると思います。
この「強い、弱い」のイメージがしっくりこないのか、
最近の若手音楽家でしっかりと勉強した人ならば、
「アウフタクト」という言葉を使っていることが多いようです。また、
強起の曲にも必ずアウフタクトがあるので
(たとえば 4拍子の4拍目は必ず次の1拍目へのアウフタクトとなっている)、
この日本語訳は採用しにくいと思います。(・・・続きはこちらでttp://guitar.sakura.ne.jp/lesson/hyogen/hyogen5.html)

なんだか分からなくなりましたーー(笑)
結局トリちゃんの説明が一番分かりやすかった^^

「アウフタクトの研究課題「魔笛の主題による変奏曲」」
を探してみた(笑)
ttp://endif.ifdef.jp/MediaFile/Theme%20and%20Variante.mp3

ははは;例によって違う方向に走り出しましたーー;

私もGRACEさん好きです。凄いと思います^^

・ンが、ポンタ氏のJulieがノッタトキのオカズの入れ方に鳥肌が立ちます^^
ユカリさんの生をみたことがなく残念です←あまり注目してなかった。
脳裏で探っているところ。。ハテ、何を聞いてみようかな・・!?


トリちゃん

>かのさん
検索ありがとーです^^

大変だったでしょお。
文部科学省の説明って、簡単なことを小難しく言うんですよね
(笑)

>ここで勘違いしてほしくないのは、
この上の「強、弱」というのは「音量や大小やアクセントの有無」ではない、
ということです。

これが正しいとワタクシ、認識いたしております。
楽譜上の1拍目からフレーズが始まるのでなく、
アウフタクトからフレーズを捉えると音符がただの記号の羅列でなく[言葉]になります。

Julieの歌唱は、
三十路後半くらいからそのようなフレーズの捉え方がとても美しくなされるようになっていて、
そのことに気づいた時「この方はどうやって会得されたのだろう?」と大変驚きました。

>1拍目を「アクセントをつけて強く弾け!」と指導している音楽教師もまだ多い

そーなのです。
学校の授業参観や連合音楽会などに行くと、
いまだにそのような指導をされた結果を生徒達が見せるので唖然としてしまいます。

今時の若いコのライヴに行くと、裏打ちでノれないのね・・・。
人差し指を立てて、強迫でノっているので不気味です。

Julieファンはみーんな、アウフタクトは大得意なはずなんデス。

TOKIO、の♪そーらをとぶ♪の合いの手[ちゃちゃっ]が
アウフタクトなんですよん(手で4拍子を振ってみて下さいね^^)

るんるん勝手にしやがれ、やはり4拍子で前奏から振ってみて下さい。
歌い出しの♪壁際に?♪の「かべ」がアウフタクトです。

・・・もし1拍目を[強=アクセント]と捉えたら、
「壁」を弱く歌って「際に」を強く歌うことになってしまうので妙でしょ。

るんるん魅せられた夜、はちょっと違います。
4拍子で前奏のアタマがアウフタクトです。
歌に入る時に1拍目がお休み。
♪濡れた夜に抱かれて♪の「濡れ」が2拍目になります。

♪ぬぐおうともしないで 言い続ける♪では、
「ぬ」が1拍目。
その後はシンコペーションで、
「で?言」の「で」が4拍目の裏拍。
「言」が1拍目。
ここの4拍目裏から1拍目へを急がずにたっぷりと歌っています。
ビミョーに高度な技術ですぴかぴか(新しい)

学校や普通のレッスンで習うように「1ト2ト3ト4ト」とか、
「強・弱・中強・弱」という捉え方では、
このように歌えずにブツ切れになってしまいます。

♪ジュテーム ジュテーム・・・あぁあ?♪のところも、
最後の「ム」が4拍目の裏拍。
そして1拍目の「あぁあ??ん」あせあせ(飛び散る汗)
絶妙なシンコペーションのリズムでつなげて歌っています。

『ジュリー・マニア』でも上手いなぁ;;;;と唖然としましたが、
今年は凄すぎてもう腰が抜けそうデス。。

ちなみにベートーヴェンの『運命』のどアタマは、
指揮者によって振り方が全く違いまして(笑)
じらしにじらされて奏者が飛び出したり、
反対に出そこなったりすることがよくありますあせあせ

ユカリさんの「♪♪♪」・・・
るんるん8月のリグレット、なんてどーでしょ?





aaaトリちゃん、ありがとう!!aaa
丸ごとのせてしまいましたが^^;MIXIの雰囲気も伝わりますね^^

(丸ごとにしたら、はみ出て読めなかったのでやり直しましたが、真ん中揃いになっちゃった^^;読みにくそうですが勘弁してくださいm(_ _)m)

トリちゃんのご推奨の渋い1曲「8月のリグレット、なんてどーでしょ?」はBGMに入れてみました^^

・・・と、そんなこんなで、マイブームがユカリさんなワケです。

ニコ動の変換に手間取って(オッソイのですPC調子悪いんかな^^;)、まだちょっとしか完成してないのですが、取り敢えず出来たものから順にうpしま?す。

・・・と、ここまで書いてENCODEにてこずっちゃったーー;

映像のボケと音のズレ、特に後者には四苦八苦してやっとどうにか合わせたつもりですが、まだなんとなくズレ照るような気がする。百分の一秒の単位を手動でいじるのはかなりヘビーでした。結局音源の冒頭を0.70秒カットしたところで止めました。
修正するソフトが欲しくなった(笑)
私のやり方は先ず音だけ取り出して別に保存し、動画のほうの音はミュートにして、そこに重ねてナレーションを入れるツールで音源を入れたんですね。苦肉の策です。←もしかしたらその分ファイルが重いかもしれません^^;

先ずその苦労したものから(笑)どうかな、何とか見れる@@?

後は一気に行きます(笑)

下手な説明入れるより見たほうが早いのよ。

’86紅白の女神まで入れてしまいますが、この時はもう祐臣さんですね^^;

collectionシリーズの「2」を頑張ったわ^^『追憶』が入ってますから

あ、でも「ジュテーム」のところが入ってなかったかも^^;

とうとう真夜中になってしまったーー;

コレクションシリーズの続きは次回に回すわ^^;
・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。.MEMO .。.:*・*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。
ENCODEについての覚書
Area61downloader    
flvファイルをDLしながらwmv/aviへのエンコ可能なフリーソフト。←画質悪し。    
DivXにかけなおさないとボケまくり。。    
多量のファイルをエンコする時は手間が省けて便利。    
画質のよいものならこちらのほうが早い。
VirtualDubMod     
強制的に音声ずれを直すフリーソフト。←VOBからのエンコ物のみか?    
flvのエンコファイルではwavファイルが抽出されただけで終わった。
Hugflash    
flvからaviとmp3を抽出後、圧縮する時の仕上げにムラがある。    
flv自体のエンコ歴によるものかもしれない。見極めは出来ない。    
連続エンコをするとエラー続出。1回づつ再起動したほうがよい。        
圧縮せずに保存し、動画と音声の同期ができるかが課題。    
その際、次の圧縮時に音のズレがでるかどうかの検証も必要。    

コメント

☆かのさま
イロイロ、お手数をおかけいたしました__(_^_)__
ニコ動から、、、凄く大変そうです。。ありがとうございます。
自分のPCに入れられるのって嬉しいです。

早速1曲目から、「おおっ!!」固いぞ♪♪♪が。
♪♪♪♪♪もかちょいい??^^
[♪ス・ト・リ・ッ・パ・?]の前奏「タカタ(三連符)×4」もスゴイ。

昨日のヤフーニュースで「ロック・スターの死因 一覧表」というものを娘が発見してオオヨロコビで教えてくれました。
(娘よ、何故にヨロコブ?)
そこに書いてあった言葉、
(正確ではないのですが)
「優秀なギタリストはいっぱいで出てくるけれど、ドラムスはそう簡単に出てこない。」

にゃぁ?るほど。
ポンタさんも、大指揮者の故・朝比奈隆サンに、リスト(手首)の良さを見出されてホルンから転向したってご自分の本に書いていらっしゃいましたよね。
貴重な人材に恵まれてるのね、Julie。

「音楽のカウントは、[1、2、3、4]じゃなくて[4、1、2、3]と感じるの。3拍子なら[3、1、2]。2拍子なら[2、1、2、1]よ。」
と、ある演奏家のセンセイに教えられました。

Julieは、そういうふうに歌っていますね。
教えられなきゃわかんないヒトと、自然に出来てしまうヒトと、、、このおっきな隔たり(-_-)

[♪女神]ですが。
映像をDLしながら聴いていて、あの頃は艶っぽさ、尋常じゃないアブナイ色気、ナマナマしさにノックアウトされましたが、歌唱の力においては今年のJulieのほうが勝っていると思いました。

昨日は寝不足してたのでさっさと帰ろうと思ってたのに、「月例のミーティングを繰り上げます」とか言われ、残業になっちゃって戻ってからバタンキューでした(笑)

     わわわ・・この先失くしましたーー;

web拍手 by FC2
Posted by かの on 07.2007   0 comments   0 trackback
 HOME 

Information

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

Photoscope∀

FC2 admin

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

  • RSS













  • view-- --

    IP--20090521-- shots.snap